進路

進路

『菊乃井』に就職 笘居玄希 君

笘居 玄希 くん
令和2年3月卒業(第五期生)
松前町立北伊予中学校出身

5期生 笘居玄希君がみごとに『菊乃井』に就職しました!
『菊乃井』は「和食」のユネスコ無形文化遺産登録の発起人としても有名な村田吉弘ご主人が営まれているミシュランガイドで3つ星を獲得の超有名料亭です。

「最初に料理屋に行くんは、お祖母(ばあ)ちゃんに抱かれたお宮参りの時。次は3つ参り、5つ参り、成人式、結婚の時、還暦や米寿のお祝い、死なはったら法事の席。これらが全部、料理屋の仕事なんですわ。接待の場ではない。そこで暮らす人の生活の中にあるから、町衆との距離が近い。だからうちとこも『菊乃井さん』と呼ばれる。料亭は、さんづけで呼ばれる存在なんです。うちの姿勢は、特別の階級の施設には成り下がりとうないということ。普通の人が、普通に働いて、人生の節目の日に来られんようなもんは普通のもんと違う。」とホームページに紹介されています。「お客様にお喜びいただける精一杯のおもてなし」を神髄にされています。

料理界で長年の交流のある、本校近藤一樹先生とのご縁を生かし、笘居君の栄えある就職が決まりました。

村田吉弘ご主人から笘居君に期待すること

最近「自分に対してぬるい若者が多い」と感じる中で、笘居君は “ごまかしたり、嘘をつかない”ところが潔いところです。彼は料理人として将来成長できる才能も学校でよく勉強しており、加えて私には笘居君の持って生まれた誠実なところが好きです。
まずは「おはようございます。戴きます。ありがとうございます。」等の心からのあいさつを徹底することです。それを習慣にすると性格に変わり、やがては人柄となります。
次は、「先輩の教えを理解し、しっかりと守り、確実な仕事を覚えること。夢と覚悟をもって、やりたいという気持ちを自分自身がどう伸ばすかを考えること」です。仕事では怒られることも多くありますが、先ずは冷静に受け止めること。怒られていることは教えてもらっていることだと理解すること。そしてその教えをどう自分の身に付けるか考える。「まあええわ」ではだめ。楽をしないこと。
それと入ったばかりの今は、「まかないは命をかけて作ること」です。まかないは今の自分自身を表現できる最大のチャンス!がんばれ!

『美濃吉』に就職 小嶋竜矢 君

小嶋竜矢くん
令和2年3月卒業(第五期生)
松山市立北中学校出身

5期生 小嶋竜矢君がみごとに『京懐石 美濃吉』に就職しました!

美濃吉は300年前の享保年間に始まり、その後川魚料理屋として栄え歴史を重ね全国にも知れ渡っている京都の有名な老舗料亭です。その川魚料理は明治天皇もとても好まれたと伝わっています。四季の移り変わりの中で色さす料理の取り合わせの妙を追求し、「言葉の前に心ありき」をモットーに発展しています。

今春、本校で学んだ小嶋竜矢君が念願かなって就職しました。

佐竹洋治ご主人から小嶋君に期待すること

小嶋君には、まず「良し悪しの判断が出来る料理人になって欲しい」と思います。また、「将来を見据えて、自分は何をしたいのかという考え方を持ち、精神的に強い人間力を磨いて欲しい」と期待しています。小嶋君は素直で周りから慕われるところがあります。先輩方とよくコミニュケーションを取って楽しく仕事をしてほしいです。常に何事にも興味を持ち、海外体験などにも積極的にチャレンジして欲しいです。期待しています。

『四国医療サービス株式会社シンセイフードサービス事業部』に就職 小嶋寿弥 君

小嶋寿弥くん
令和2年3月卒業(第五期生)
松山市立北中学校出身

小嶋寿弥 君から後輩へのアドバイス

近藤先生には「あいさつ」の大切さを教えていただきました。後輩の皆さんも、まずは身に付けてください。それから学校の授業をまじめに受けて基本的な調理知識や技術を身に付けることです。加えて、学校生活を通じて誰とでも話し合えるコミュニケーション能力を磨いてください。いい意味でも悪い意味でも、日頃学校で取り組んできたことが、そのまま仕事の場でも自然に出るんだなと感じています。

足立浩二先生からのアドバイス
まずは仕事に慣れる事です。朝起きて仕事に行く。休みの日は気持ちを切り替えてしっかりと休む。その生活のリズムを身につけて下さい。学校生活やアルバイトにはない厳しさや苦労は当然あると思います。でもそれが社会人です。失敗は素直に反省し改善する。上手く出来た事は継続する。3年間の学校生活の成果は出ています。自信を持って前向きに頑張って下さい。私達はこれからも小嶋君の成長を応援しています。

山下部長から小嶋 寿弥君に期待すること

まずは集団調理と言う仕事に興味をもって入社してくれたことは、ありがたいことです。配属は本社工場で病院食調理の現場で、例えばきんぴらごぼうだけでも一ヶ月に何トンも作るような“生産工場”です。入ってすぐの今は仕入れから出荷までの各部署での作業の流れの研修をしてもらっています。早く仕事への興味ややりがいを見つけて戦力になってほしいと期待しています。
学校で勉強してきたことは、知識に過ぎません。毎日の仕事を通して経験や場数を積み、実践することこそが本当の勉強です。初心を忘れず謙虚に、また一方では失敗を恐れず積極的にチャレンジして自分の力を伸ばしてほしいです。
小嶋君の良いところは、「元気にあいさつができる」ところです。職場でのあいさつは基本中の基本です。また人なつっこいところがあります。ぜひ、上司や職場の先輩たちから可愛がられるように頑張ってください。職場に慣れたら、病院食の現場で一生懸命日々経験を積んでリーダー的な役割を担えるように努力してほしいです。リーダーになると言うことは、後輩に教える立場になります。もう一段次元の高い能力が要求されます。
       
本社は60年ほど前に地元の病院の寝具クリーニング事業から立ち上げた会社です。30年近く前からは給食関係の事業を始め、そこから積み重ねた真空パックなどの独自技術を生かし、20年前には病院食へも参入してきました。過去の経験とノウハウを最大限に生かし、サービス・外食産業やロングライフチルド・フリーズ商品、病院や学校などの給食受託、災害時の非常食商品の製造販売など幅広く業務展開し、今ではJAL国際線の機内食を提供するなど、集団調理の総合企業として伸びてきています。食の世界はとても広範でこれから会社も大きな将来性があります。県外の仕事も多く、ビジネスチャンスは広がっています。そういう中で小嶋君自身も経験を踏み、チャンスをつかんでいっしょに伸びていってほしいです。

代表的な進路

本校の新パンフレットでも卒業生の頑張っている様子を紹介しています。
資料請求いただけるとお送りします。

お気軽に資料請求ください

お電話でのお問い合わせはこちらまで